JR篠井線で、絶景を眺めながら松本へ| ローカル線で新潟→東京(5)

長野で1泊し、早朝の善光寺を楽しんだあと、

JR篠井線で松本へ向かいます。

松本まで13駅、1時間半の電車移動。

善光寺、夕方と早朝の景色| ローカル線で新潟→東京(4)

JR篠井線・松本行き

「かわなかじま」駅。

武田信玄と上杉謙信の「川中島の決戦」で覚えた「かわなかじま」の名前。

これも「糸魚川(いといがわ)」と同じく

私にとって「教科書の中の場所」だったので、通っただけとはいえ嬉しい。

のどかな風景が広がります。

あんまり上手に撮れていないのが残念ですが、絶景でした。

この路線、いつかまた夫と2人で乗りたいな。

「姨捨(おばすて)」… ちょっと怖い駅名ですね。

でもここからの景色は最高でした。(この駅で少し停車していました)

調べてみたら、やはり「絶景が見られる駅」として有名みたいです。

当駅のホームから見下ろす善光寺平は、日本三大車窓の一つと数えられる。」(引用元)

日本経済新聞社の2007年アンケート「足を延ばして訪れて見たい駅」の全国第2位にランクされた」(引用元)

10分くらいまた停車。

この時々ある「停車時間」が好きです。

新幹線で移動してしまえばすぐだけど、この時間は味わえない。

ローカル線移動ならではの楽しみです。

松本駅に到着

松本駅到着。

東京でお勤めしていた20代の頃、出張で何度か訪れた場所ですが、

プライベートでは初めて。

「松本ってこんな街だったんだ」とプライベートで訪れて初めて、

松本という街を楽しめました。

当たり前ですが、出張は出張ですね。

駅前広場に敷き詰められていた

木製に見えるヘリンボーン床がすてきでした。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA