ホームブログレスパイトケア中に、コーヒ...

レスパイトケア中に、コーヒーと編み物でリラックス

在宅介護をしている家族が、

一時的に介護から離れて休息をとるためのサービスを

「レスパイトケア」と言うそうですね。


ショートステイなどの通所サービスなどの他、

普段介護をしていない親族や友だち、民生委員などによる支援も

この「レスパイトケア」に含まれるとか。

私は今朝から、その「レスパイトケア」中です。

昨夜の仕事終わり、普段離れて暮らしている妹が来てくれました。

今日明日と、リモートワーク(テレワーク)をしながら、介護や家事を代わってくれています。

前回妹が来てくれている時は、遠慮がありました。

そのため、妹がいても全面的に妹に頼ることなく、介護や家事を「手伝ってもらう」という感じでした。

今回は「(妹が)いてくれる間は、介護も家事もお休みさせてもらうね」

と、始めに妹に話しました。

「もちろん緊急事態には対応するし、困ったことや分からないことがあれば、いつでもLINEして」

と付け加えて。

その心づもりで来てくれていた妹は、「ゆっくり休んで」と言ってくれました。

ここ3~4日、母の体調が悪かったこともあり、いつもよりちょっとハードな日々でした。

今夜には、自身の母を在宅介護した経験のある叔母も来てくれるので、

この週末は、安心してしっかり休ませてもらおうと思っています。

とはいっても、遠くへ行くわけにも行かず、ご近所カフェへ来ています。

( 今日はケアマネジャーさんとの打ち合わせなどもあり、午後には戻らなければいけません)

コーヒーを飲んで、こうしてゆっくり雑誌を眺めていると「心が休んでいる」と感じます。

周囲に対する感謝も、あらためて、自然と湧きあがってきますね。

この前も書きましたが、最近ほんとクロッシェ(かぎ針編み)ブームですね。

(写真は7月号のVERYです)

のんびり編んでいた白いサマーニットは、少し前に編み終えました。

(ここに写真をアップしたいと思いつつ、まだ袖を通せていません)

その時の白いリネン糸が、1玉ちょっと残っています。

中途半端な余り具合なので、編める物も限られており、

雑誌を見ながら「やっぱりネットバッグでも編むかな」と思案中。

写真のような、巾着バッグも最近けっこう見かけますよね。

これならすぐ編めそう。

↑こういう四角いタイプもいいかなぁ。。とか

と考える一方で、ウール糸でレッグウォーマーを編み始めました。

このウール糸は、あまり着ていなかった父の既製品セーターを、2年前の冬にほどいたもので、

とっても柔らかくて、触っていて心地の良い糸です。

編みぐるみを編んだり、色々と使ってきて、残っているのは中途半端な量。

イギリスで過ごした昨年の冬、レッグウォーマーの使い勝手が良かったので、今年の冬用に新しく編むことにしました。

ゲージ取り&編み地サンプルとして、2色2本取りで、

ゴム編み(手前)とかのこ編み(奥)の2種類を編んでみました。

比べてみて、、、今回は「かのこ編み」で行こうと思います。

>> 靴下本 電子版なら100円 (紙版1430円)

【毛糸】【福袋】ハマナカ かせ毛糸 夏糸 特価 選べるお楽しみアソート おまけ付き) 【30%OFFクーポン利用で⇒3493円!】新色登場! UVケア さらっと羽織れる カーディガン 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

CAPTCHA


こうま

イギリスと日本に暮らす 40代女性の雑記ブログです。

イギリスや日本での日常を書いたり、 外国人夫の視点で日本を紹介したり、 趣味の手芸記録をつけたりしています。

日々いろいろあるけれど、 毎日ほんの少し ほっとできれば。 ちょっとでも趣味の時間がもてたら。

お友だちとおしゃべりするように 書いています。

もう少し詳しく | 旧ブログについて

最近の投稿

思うまま、雑多に書いてます