国内 里山十帖 宿泊記ブログ -...

里山十帖 宿泊記ブログ – 2020年秋

新潟といえば「おいしいお米」と頭にうかぶ人が多いでしょうか?

(そうだったら、新潟人として うれしいです)

その新潟の中でも、魚沼(うおぬま)は特に「おいしいお米」がとれることで有名です。

そんな魚沼の地にある旅館、里山十帖(さとやまじゅうじょう)に宿泊してきました。

>> 楽天 新潟県産 魚沼産コシヒカリ 特A

お宿は、レストランなどがある築150年の古民家を使った建物

かつて秘湯の温泉旅館であった木造の建物をつかった宿泊棟、

蔵をつかった離れのお部屋にわかれています。

宿泊したお部屋

今回わたしたちが宿泊したのは、宿泊棟にある205号室のお部屋。

ベランダに露天風呂がついている角部屋でした。

お部屋の中は、和モダンで北欧やスイスのホテルのような雰囲気もあります。

レトロな形の電話も、いいですよね。

ウェルカムお菓子は、魚沼産のもち米をつかったおかき。

館内には2種類のラウンジがあります。

宿泊しているあいだ、こちらでハーブティーやひきたてのコーヒーを自由にいただけます。

 

お部屋もラウンジも、宿にある全てのものが

「ちゃんと選ばれてここにあるんだろうな」と思えるセンスというか、洗練さがあるのに

とても落ち着ける空間で、こちらに緊張感を強いてこないんですよね。

それが、なんかすごい

お野菜中心の夕食

夕食は、地のものなどお野菜をたっぷり使ったコース料理。

化学調味料は一切使われていないというお料理は、

どれもおいしいのはもちろんですが、プレゼンテーションの仕方が、とても勉強になりました。

イギリスに戻ったら、お庭の葉っぱを使ったりして、真似してみようかな。

コース料理のメインはご飯

タイミングをみて、食卓におかれたガスコンロで炊いてくださいます。

(↑自身の備忘録かねて)

まずは、煮えばな・アルデンテの状態で。

その後「炊き立て」 →「炊き立てから少し経ってから

3つのタイミングでいただきました。

わたしは、炊きたてが1番おいしく感じられましたが、

こうして同じご飯を3つのタイミングで食べ比べるなんてこと

普段おうちではしませんから、良い経験でした。

「いつもあるわけではない」という、まかないの残り物カレーもいただきました。

さらっとしていて、ピリッと辛くて、クミンの香りが効いている

おいしいカレーでした。

夕食後の時間

夕食後は、またお風呂に入ったり、

バータイムに宿から提供されている、梅酒やウイスキーなどを

少しだけいただいたり。

普段は、暗くなってからのコーヒーは飲まないのですが

この日は特別。

ラウンジで雑誌や本を読みながら、ひきたてコーヒーを遅くまで楽しみました。

翌朝

山の朝は、空気が澄んでいて、キリッとした感じ。

朝風呂に入ったあとは、宿のおいしいハーブティーをベランダで。

もちろん、今回の旅にも編みもの持ってきました。

ちょっと集中して編んでいたら、少し冷えてきてしまったので、

今度は、宿の大きなお風呂ではなく、お部屋の露天風呂に。

でも着替えるのがちょっとめんどうで、

部屋着のズボンをひざ上までまくり上げて、足湯です。

10分もすると、ポカポカ全身あったまりました。

やっぱりご飯が絶品だった朝食

朝食もからだが喜びそうなメニュー。

やっぱりご飯が絶品でした。

金継ぎされている食器が、ちょこちょこ出てきて、楽しませてもらいました。

実は、金継ぎずいぶん前からやってみたいなと思っているんですよね。

かんたんなのでいいから、やってみようかな。

大好きな卵焼き。

お出汁がたっぷりで、ジューシーなおいしい卵焼きでした。

 

「ゆっくりできた」「楽しかった」で終わらない宿

朝食を終えて、11時のチェックアウトまで まだ時間があったので、

お部屋のお風呂につかりながら、のんびり。

里山十帖での宿泊は、今回がはじめてでしたが

宿泊してみて感じたのは「のんびりできたね」「楽しかったね」だけでは終わらない宿。

滞在中、「今後の自分の暮らしに役立てられそうなヒント」を得られた旅となりました。

 

シンプル和モダンなお部屋のインテリア。

オーガニックコットンのタオルや部屋着。

お料理のプレゼンテーション。

炊きたてのおいしいお米

お部屋でいただいた、とってもおいしいグリーンスムージー。

釜たき石けん

館内にさりげなく飾られたお花

などなど。。。

「のんびりできた〜」「楽しかったね」だけでも

もちろん嬉しいのですが、

こんなふうに、自分の暮らしに取りいれてみたいな、取りいれてみようかな

と思える出会いは、とっても嬉しいです。

 

またいつか、里山十帖に滞在する時には、きっとまた新しい気づきや出会いがあるんだろうな。

 

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

予定通りにはいかないけれど、それも楽しんでいきます

あっという間に10月も半ば。 日に日に冷たくなってくる空気に、秋の深まりを感じます。   日本のコロナの状況は、一進一退だと今朝のテ...

去年「ウールタム」で編んだマフラーを 使いはじめました

10月もそろそろ半ば。 秋もだいぶ深まってきたので、去年編んだマフラーを使いはじめました。 >> ウールタムで、シンプルなニット帽&am...

編みものも、文字を書くのも、やらないと腕はにぶりますね

今日の午前中は、お心遣いをいただいた方へのお礼状を書きました。   中高生の頃は、右手の中指にペンだこができたりしていましたが、 そ...

新潟県岩室温泉で、おいしい日曜日

岩室温泉の懐石料理店「秀石庵」 しばらく日本を離れるので、母が「壮行会」と称し、岩室温泉街にある懐石料理のお店「秀石庵(しゅうせきあん)」へ連れて行ってく...
- Advertisement -

6 コメント

  1. 魚沼産コシヒカリ、有名ですよね。
    我が家は自家製米なので残念ながら食べたことが無いですが、、、
    ご飯が美味しいのは幸せな気持ちになりますね。

    素敵な場所で編み物…やっぱりいいですね。

    私もいよいよ編み始めました。
    ケーブル編みのカーディガン、裾から編むのをネックから編むのに変更して編んでます。

    秋の夜長の楽しみです。

    • Sayuさんこんにちは。

      自家製米なんて、1番贅沢なお米ですね。
      いいな…うらやましいです。

      私は10代の頃はお米が大好きだったのですが、その後興味がなくなり、20代30代はあまりお米を食べずに過ごしました。
      それが今回の帰国では、お米がとてもおいしく感じられて、
      毎日おいしくいただいています。
      食の好みも、年と共に変わりますね。

      Sayuさんのおっしゃるとおり、本当においしいご飯を食べていると幸せな気持ちになります。

      ケーブル編みのカーディガン、いいですね。
      私もケーブル模様大好きです。
      秋の夜長に編み物を楽しんで、寒くなってきたら、今度はそれを着て楽しむ。
      最高ですね。

  2. こうまさん、お返事ありがとうございます。

    お返事で
    ほっこり嬉しい気持ちになりました。

    私も
    10代の頃は白いご飯が大好きで
    白いご飯に
    卵焼きとお味噌汁、
    それだけで満足でした。

    私の家は長野県境の
    岐阜の山の中にあります。

    田んぼも畑もあり
    夏になると野菜は
    ほぼ自給自足で過ごせます。

    作るのはほとんど主人ですが…
    食べきれないので
    近くの道の駅の産直に出して
    売っています。

    以前は大好きな編み物や手仕事は
    何となく罪悪感を感じて
    楽しむ事が出来ない時もありましたが

    最近は私が私らしくいられて
    心安らぐのは編み物や手仕事を
    している時だと気付きました。

    ひとつひとつ丁寧に
    日々を過ごし
    今ここの幸せを感じられる
    そんな生き方が出来たらいいなと
    思っています。

    こうまさんのブログは
    そんなふうに私を思わせてくれます。

    まとまりのない文章になってしまいましたが…

    • Sayuさん、こんにちは。

      Sayuさんのお住まいは、山の中とのこと。
      自然の豊かな場所なのでしょうか。
      寒い季節など大変なこともあると思いますが、都市部の生活よりも季節を肌で感じられる環境、
      すてきですね。

      編みものや手仕事にたいして、罪悪感を感じてしまう…
      すごくよくわかります!
      わたしも全く同じように感じて、楽しめない時期がありました。

      おっしゃるとおり「今ここの幸せ」を感じられれば、
      それが何よりだなと思います。

      「今ここの幸せ」は、1秒後には「過去の幸せ」になり、
      未来の幸せにもつながっていきますものね。

  3. 新米の季節ですねえ。とても楽しみな季節です。
    新米で握る白いおにぎりは日本人にとって凄く特別感があるように思います。
    今まで魚沼産のお米など贅沢すぎて買ったことなどないけれど今年は特別に買ってみようかな?
    白飯で握るおにぎりの時はお塩も少し贅沢にしたいですね。

    私は今靴下を編んでます。今年初めに編んだ靴下研究所の基本編をもう一度。
    一回目は正直あまり理解が出来ませんでしたが
    二回目に編むと理解が私なりに深まってきてとても楽しくなってきました。
    この後はすぎやまともさんの本を買おうと思ってますが
    今年はベストセレクションなるものが出ていて正直迷ってます。
    中身をパラっとみたら靴下の編み方の詳細までは載ってなかった気がするので。

    • お塩も贅沢に、いいですね〜。

      ここ数日、朝食に、旅行中に購入した南魚沼産のコシヒカリをいただいています。
      新米はこの時期だけですし、朝から特別で幸せな気分になります。
      お値段は高めですが、外食したと思えば安いものですよね!?

      すぎやまともさんのベストセレクション、わたしも本屋さんでパラっと見ました。
      良さそうですよね。
      どちらにするか、悩みますね〜

      わたしは過去数年で編んだ靴下の在庫が、まだ十分にあるので、
      去年の秋冬は編まずに終わったのですが、
      今年はどうしようか迷っています。
      そろそろ編みたい気分も高まってきていて…
      毛糸の在庫消費もしたいですしね。

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA