初心者から経験者まで、オススメの手編み靴下本

6
初心者から経験者まで、オススメの手編み靴下本

最初に靴下編むとしたらどの本で編んだらよいですか?

というコメントをいただきました。

 

本日はそのご質問にお答えし、

わたしのお気に入り靴下本をご紹介します。

 

その前に。。。

 

靴下編みのすばらしい点

 

当ブログで、何度か書いていますが、靴下編みには素晴らしい点がたくさんあります。

 

1.外出先でも編みやすい

靴下は小物なので、編み物一式が小さくまとまり、

旅先や外出先で気軽に楽しめます。

 

例えばセーターやマフラーなどは、編み始めの頃は良いですが、

編み進めると編み地が大きくなり、持ち運びにちょっと不便。

 

その点、靴下なら編み進めても大きくなりすぎません。

2.喜んでもらってくれる

ムカデではないので、靴下ばかりたくさん編んでも

自分だけでは使いきれません。

 

しかし靴下は、編んでおくといつの間にか

家族や知り合いにもらわれていきます。

 

特にウール混の糸で編んだ冬用靴下は、

編んでおいてちょっとしたプレゼントにすると、とっても喜ばれます。

 

3.余り毛糸が使える

編み物をやっている人ならば、

増えてしまう中途半端な「あまり糸」。

靴下編みは、この余り糸の処理に最適です。

 

例えば、かかととつま先を余り糸で編んだり、

足首部分を余り糸で編んで、

カラフルなボーダーにしても素敵だと思います。

 

ただ、私は余り糸を使う場合、

余り糸だけで靴下を完成させず、メインは靴下用に用意した糸で編み、

デザインのポイントとして余り糸を使うようにしています。

 

そうすると、余り糸が余り糸に見えず、

編み上がりが、しっくり落ちついた感じに仕上がるように思います。

 

またこのルールを守っていると、

使用した余り糸部分糸が、靴下の左右で違っても、

メインで使っている糸が左右同じなので

調和が取れた仕上がりになります。

 



 

靴下編み初心者にオススメしたい、編み物本

 

今回ご紹介する手編み靴下本は、次の4冊です。

 

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/18 12:57:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,540 (2021/09/17 20:16:16時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
河出書房新社
¥1,430 (2021/09/17 14:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

それでは、1冊ずつオススメポイントをご紹介しますね。

 



1)『手編み靴下研究所』林ことみ著

created by Rinker
¥1,650 (2021/09/18 12:57:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本は、わたしが靴下編みを始める際に

購入した最初の1冊です。

当時はシンガポールに住んでいたので、現地の紀伊国屋書店で購入しました。

 

まず題名がいいですよね、

『手編み靴下研究所』なんて。

 

題名から抱く期待どおり、手編み靴下の専門書です。

編み方はもちろんのこと、手編み靴下の基本的な仕組み、

使用する道具や靴下向きの糸の説明、

「特別研究」として2枚同時の編み方、なんていうものもあります。

 

基本の靴下の編み方説明はとっても丁寧。

(はやしことみさんは、

他の著書でもかぎ針での作り目を紹介されていますよね。

私も、最近この作り目の仕方を良くします)

 

5本針を使って編む際の目の分け方も、ていねいに説明されています。

(わたしは今は輪針で靴下を編みますが、

最初の頃は5本針で編んでいました。)

 

この本で好きなのは、このカタログ。

 

カフスカタログ、ヒールカタログ、トウカタログ

の3種類が用意されています。

それぞれのカタログから好きなものを組み合わせて、

自分好みの靴下を編むことができます。

 

最初の1足として、基本の靴下を編んだ後は、

自分好みの靴下や、ちょっとアレンジした靴下を編んでみたくなりますよね。

そんなニッターの希望を叶えてくれる、素敵なカタログです。

 

その他、レース靴下やフェアアイルソックス、編み込み模様の靴下など、

掲載されている靴下デザインも豊富。

写真のようにエストニアスパイラルなんていう、

他の靴下本では、あまり見かけないデザインのものも載っています。

 

「靴下編みの本を1冊欲しい」という方には、この本をオススメします。

初心者を卒業した後も、飽きずに使える本だと思います。

 

2)『編み込みこもの』すぎやまとも著

 

次にご紹介するのは、靴下の専門書ではないのですが、

基本的な靴下の編み方が、写真と共に丁寧に説明されているので、

靴下編み初心者にもオススメの1冊です。

 

ちなみに、私が『手編み靴下研究所』の次の購入した1冊です。

 

写真と文字の説明をひとつずつ目で追いながら編んでいけば、

靴下を初めて編む方でも、きっと編めると思います。

 

この本に掲載されている靴下デザインは4種類。

(色違いも含めると5種類)

 

写真付きで編み方が掲載されている基本の靴下は、この写真左の靴下です。

 

靴下専門の本ではないので、デザインの種類は少ないですが、

このフェアアイル靴下のように、

初心者でなくとも、編みごたえのある作品も掲載されています。

 



靴下以外にも、編みたくなる可愛らしい冬小物がたくさん。

すぎやまともさんのデザインはいつも素敵ですよね。

「靴下だけでなく、他の小物も編みたい」という方に、オススメの1冊です。

 

3)『手編みのソックス』嶋田俊之著

created by Rinker
¥1,540 (2021/09/17 20:16:16時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログで何度も登場している、

私の1番お気に入りの手編み靴下本です。

 

先にご紹介した2冊の本を参考に、

靴下を何足か編み「もう少し色々なデザインのものを編んでみたいな」

と思ったタイミングで購入した本で、今まで1番開く回数が多い1冊です。

 

この本にも、シンプルな基本の靴下の編み方が

たくさんの写真と一緒に掲載されていますが、

他の本と比べると少し難易度が高い気がします。

 

「靴下編みは初めてだけれど、編み物経験は豊富」

という方なら問題ないと思いますが、

そうでなければ、靴下編み最初の1冊というよりは、

2冊目以降をオススメします。

 





なんと言っても、デザインのバリエーションが広くて豊富。

さくっと編めるシンプルなデザインの靴下もありますが、

写真のように、時間と手間をかけて特別な1足

にしたくなるような靴下が掲載されていて、

本を開いているとしばしば空想の世界に飛んでしまいます。

「レースの靴下は、ローワンのあの毛糸で編みたいな」とか。。。

 

4)『手編みのかんたん♪くつ下』

created by Rinker
河出書房新社
¥1,430 (2021/09/17 14:51:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

この本は私が購入して使っている本ではないのですが、

ネットなどでの評判が良いので、図書館で借りて見てみました。

 

前述した『手編み靴下研究所』でも紹介されていた通り、

靴下の「かかと」の編み方は色々あります。

 

しかし、この本ではあえてひとつの方法しか掲載していないそうです。

その方法が「減らし目と増し目だけで編める」というもの。

 

わたしは「引き返し編み」を使って編む「かかと」が好きなのですが、

確かに最初はわかりにくいです。

 

多くの人がつまづくと言われている「かかと」編みで挫折してしまうより、

まずはこの本で紹介されている簡単な方法で編んで、

自信をつけるのも良い方法かもしれませんね。

 

編み方説明って、写真が多くても、

一見してなんだか難しそうだったりするページってありますよね。

 

この本からはそういう印象を受けない、

一見して「これなら私にもできそう」という感じがします。

(あくまでも私の感じ方ですが)

 


「基本のくつ下を編んでみましょう」のレッスン作品指定糸が、

手軽に買えそうな糸なところも嬉しいですね。

 

この本で編める靴下のデザインです。

以上、ご参考になれば嬉しいです。

 


Colline(コリーヌ)【ウール75%・ナイロン25%/合細-中細/約40g玉巻(約160m)】

↑丈夫ではき心地も良い、靴下編み用としてお気に入りの糸です。

この糸を使って編んだ靴下の記事はコチラ

6 コメント

  1. 素晴らしく丁寧にまとめて頂いて本当に有り難うございます。
    昨日、サクッと本日ゆっくり拝見させてもらいました。
    必要な時に何回も見れる記事ですね。
    ちょっと今夏風邪なのか更年期なのか目眩と吐き気がしておりまして
    どうにか職場には来ておりますがちょっと編み物をゆっくり
    出来る感じではないので
    元気になったら本を早速購入して編み始めたいと思います。

    • 目眩と吐き気、心配ですね。
      めまいは、梅雨の時期に気圧の変化の影響で、特に女性に起こりやすいという記事を最近読みました。
      そういうことも関係あるのでしょうか。。

      私も昨年の秋に目眩に悩まされて1ヶ月ほどお医者さんに通っていたことがあります。
      それに吐き気もあるならば、相当お辛いことと思います。
      できるだけ安静に、ご自愛下さいね。

  2. ご心配をお掛けしました。
    まだ本調子とまではいかないですけれど
    かなり体の方はスッキリしてきました。
    結構私目眩を起こしてしまいがちな体質なもので。
    本はこうまさんのお勧め通り手編み靴下研究所を購入いたしました。
    今から楽しみです。
    本を購入してその本をコーヒーなどを飲みながら
    観るのって本当に至福の時ですね。
    まずはまったり本を観る事から始めますね。

    • pianomamaさん、こんにちは。
      体調少し良くなられたとのこと、良かったです。
      めまい本当に困りますよね。わたしも昨日は終日悩まされました。お天気のせいでしょうか。。。
      めまいが出た時はお互い無理せず、気をつけましょうね。

      「手編み靴下研究所」購入されたんですね!
      わたしのお気に入りの1冊なので、嬉しいです。
      きっとこれから長いお付き合いになる1冊だと思いますよ!

      おっしゃる通り、購入した本をコーヒーを飲みながら眺める。。。至福の時ですね。
      「まずはこの作品から編んでみようかな」とか「難しそうだけど、編めるかな」と思ったり。。。
      「手編み靴下研究所」には編図だけでなく、文字による靴下編みの説明もけっこうあるので、読み応えあると思います。
      ゆっくり楽しんでくださいね♪

  3. 初めまして。
    今まで棒針でマフラー、ネックウォーマー、帽子、ミトンに挑戦しました。(^-^)
    しかし、靴下は挑戦したことがありません。

    せばたやすこさんの「イチバン親切な棒針編みの教科書」(新星出版社)で挑戦してみようと思い、挑戦することにしました。
    履き口の2目ゴム編み、足首部分のメリヤス編みまでは順調に行きましたが、その後のかかとの編み方で悪戦苦闘。><
    ここのブログで『手編み靴下研究所』林ことみ著のことを知りました。明日、職場のお昼休みに本屋さんに行って取り寄せたいです。

    • 初めまして。
      コメントありがとうございます。

      手編み靴下は、中途半端にあまった毛糸を有効に使えますし、
      何よりあたたかくていいですよね♪

      かかとは私も最初苦戦しました。
      編み図を何度見てもよくわからなかったり。
      でもだんだんと理解して編めるようになりました。

      みやじさんのファースト靴下はどんな色でしょうか?
      できあがりが楽しみですね!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

CAPTCHA