Something went wrong!

Error 404

Looks like something went completely wrong. Don't worry, it can happen to the best of us 🙂

Popular Stories

ホーチミンからリゾート地のニャチャンへ

数日前からホーチミンを離れ、ニャチャンと言うベトナムのリゾート地に来ています。 ニャチャンの玄関であるカムラン空港に着くと、車で30分ほどの場所にあるホテル専用の船乗り場へ。そこからボートに乗ってホテルへ向かいます。今回は、大陸ではなく小島にあるリゾートホテルを選びました。 12月のニャチャンは結構寒かった 今日でビーチリゾート滞在3日目ですが、今のところ毎日曇り。それだけなら良いのですが、毎日台風並みのものすごい風です。 気温は24°でも、風がすごいので体感温度はずっと下。外にいると長袖でも寒くて、じっとはしていられません。 プールもビーチもお預けで、お部屋にこもっています。 来る前から天気の情報に触れてはいたのですが、ここまですごい風とは。滞在中1日でもお天気の良い静かな日があることを願うばかりです。 海のよく見えるお部屋なので、お部屋に居てもリゾートにいることを感じられて、それは良かったです。 WiFiがものすごく弱い場所にいます もう一つリゾート地ではありがちなので、ある程度覚悟はしていたWiFi問題。 今どき、どこのホテルでもWiFiは標準装備なのですが、その強さはと言うと、、、私の経験上、都市部のホテルでは快適な速度でWifiを使えますが、リゾート地では遅め(弱め)なことも少なくありません。メッセージやメールのやり取りは問題なくても、Webサイトの表示に時間がかかったり、動画を快適に見られないということも。そのためリゾート滞在する際は、念のためiPadに映画などをあらかじめダウンロードしておき、オフラインでも見られるようにしています。 それにしても、今回は想像していた以上にネット環境が悪いです。大陸から離れているから? この記事も、写真のアップロードを含めて通常の何倍も時間をかけて投稿しています。ホテル内でWiFiの強い場所を探したり、少し試行錯誤してみたのですが、解決策は見つからず。 仕方がないので、ここに滞在中はダウンロードしておいた映画や日本から持ってきた小説を読んだり、彼とおしゃべりしたり、ネット環境の悪さを楽しみたいと思います。 お部屋にこもって編み物三昧 お天気が悪くて外へは出られず、ネットも快適に使えない… こうなると「編み物道具を持ってきて良かった」と心から思います。でも一方で「持ってきた糸で足りるかな?!」とちょっと不安も。大目に持ってきているので大丈夫だとは思うのですが。 ソファーでの編み物はもちろんのこと、ベットで横になりながら編み物したりもしています。そして眠たくなったら、そのままお昼寝。お行儀が悪いですが、リゾート地限定ということにしています。 ということで、あと1週間ほどブログの更新ができないかもしれません。

初心者から経験者まで、オススメの手編み靴下本

「最初に靴下編むとしたらどの本で編んだらよいですか?」 というコメントをいただきました。   本日はそのご質問にお答えし、 わたしのお気に入り靴下本をご紹介します。   その前に。。。   靴下編みのすばらしい点   当ブログで、何度か書いていますが、靴下編みには素晴らしい点がたくさんあります。   1.外出先でも編みやすい 靴下は小物なので、編み物一式が小さくまとまり、 旅先や外出先で気軽に楽しめます。   例えばセーターやマフラーなどは、編み始めの頃は良いですが、 編み進めると編み地が大きくなり、持ち運びにちょっと不便。   その点、靴下なら編み進めても大きくなりすぎません。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="erulla-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type = "search_widget";amzn_assoc_width ="auto";...

新型ウイルス:半隔離生活1週間が経ちました。

新型コロナウイルスによるイギリスでの半隔離生活は昨日で1週間を終え、今日から2週目に入りました。 >> 新型ウイルス:自主的半隔離生活始めました。 >> 新型ウイルス:自主的半隔離生活2&3日目 東京でも、数週間前のイギリスで見たのと同じような光景が、あちらこちらのスーパーで見られ始めているようですね。東京に住む妹から、どの棚もガラガラになったスーパーの写真が送られてきました。 恐らく私だけではなく、外国でこのウイルス騒動を体験している日本人の多くが「(諸外国に比べて)日本は呑気すぎないだろうか」と心配しながら、日本の状況を見守っていたのではないでしょうか。 東京オリンピックの延期が決まってからは落ちついたように思いますが、海外メディアでは日本のウイルスに対する処し方が批判的に報道されることが多かったようにも思います。 日本人は普段から、必要な時には予防的観点からマスクをするし、手洗いも日常的にすることの1つです。決められたルールを守ることは得意だし、みんなが再度気を引き閉め直したら、都市封鎖せずとも、感染拡大を押さえ込めるかもしれません。 今週末の東京での外出自粛が功を奏し、緊急事態宣言など、これ以上深刻な事態にならないことを願っています。 amzn_assoc_ad_type ="responsive_search_widget"; amzn_assoc_tracking_id ="erulla-22"; amzn_assoc_marketplace ="amazon"; amzn_assoc_region ="JP"; amzn_assoc_placement =""; amzn_assoc_search_type =...