国内 絵本の中に出てきそうな、山...

絵本の中に出てきそうな、山の小さな一軒家カフェ「ベルン」(新潟県妙高市)

山の中のウィークエンド・カフェ「ベルン」


妙高の山の中にひっそり、本当にひっそりと建つ一軒家カフェ「ベルン」。お料理はもちろん、カフェのご夫妻が作り出す雰囲気、空間がとっても素敵な、週末のみオープンするウィークエンド・カフェです。(新潟県妙高市)



一軒家の中は、くつろげるインテリア


母お気に入りのカフェで、ずっと一緒に行きたいと思っていたそう。


カフェの中は、まるでお友だちのお家に招かれたかのような、ゆっくり落ち着ける雰囲気。静かな時間が流れます。


訪れたのは、5月初旬で窓の外には元気な若葉の緑が広がっていました。


秋の紅葉や冬の雪景色の頃も、素敵でしょうね。



おかわりしたくなるほどおいしい、くるみのタルト


くるみのタルトをいただきました。添えられたピンクグレープフルーツのゼリーも爽やかでした。


家族が頼んだランチセットには、パンがついていました。

このパンが入った容れ物。こんな風なかぎ針編みで編んで固めたバスケットをも10代の頃に作ったことがあります。久しぶりに見ましたが、何だか今見ると新鮮で、また作ってみたくなりました。



マダムお手製のティーコゼーが素敵

それに紅茶を頼むと出てきたのが、このティーコゼー。
ティー・コージー(tea cosy, アメリカ英語: tea cozy)は、ティー・ポットに覆い被せる布製のカバー。ティーコゼーとも言う。日本語では、(ティー)ポットカバーとも呼ばれる。本来は茶を冷まさないようにするためのものだが、装飾を施すことで見た目にも賑やかしの機能を有した製品である。 (引用元


聞けば、マダムがご自身で作られたそう。手に取ってみせていただくと、丁寧な手仕事の跡がありました。

【追記 2018年7月1日】

カフェ訪問後、自宅でもこんな風なティーコゼーを使いたいと思い、作ってみました。下記リンク先記事で作り方をご紹介しています。
>> ティーコゼーの作り方(ティーコージー・ポットカバー)
>> ティーポット用マットの作り方

【追記以上】



Kukshome クックスホーム ティーコージー コットンリネン


ティーポット カバー ティーコージー ソフィー・コンラン コラボ Ulster Weavers アルスターウィーバーズ


アジアンぞう ティーコージー タイ

こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

資生堂パーラーのバウムクーヘン

今日のおやつは「資生堂パーラーのバウムクーヘン」。伊勢丹で期間限定発売されていたのを購入してきました。バウムクーヘンと言えば、「ユーハイム」や「たねやのクラ...

和クッキーのような 京都・尾張家の蕎麦板

大好きなお菓子の1つである「京都『本家 尾張家』の蕎麦板」です。 尾張家は、なんと創業550年以上。「和のクッキー」といった感じで、日本茶にもコーヒー...

ユキ・パリスさんの著書と、ヴィンテージボタン

素敵なハガキが届きました。 少し前に、銀座松屋で開催されていた『幸せをよぶ手仕事 ユキ・パリス コレクション展』に出かけた妹からのお便りでした。 ...

イギリスの100円ショップ「パウンドランド」で買える手芸用品

物価の高いイギリスですが、イギリス全土に展開する1ポンドショップ「pound land(パウンドランド)」の商品はどれも1ポンド(約140円)です。 ...
- Advertisement -

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA