ベトナム 生蒸し揚げ、色んなベトナム...

生蒸し揚げ、色んなベトナム春巻きが食べられる「Wrap and Roll」(ベトナム旅行記 9)

ホーチミン・シティに滞在中、気に入って通ったお店の1つが、「Wrap and Roll(ラップ・アンド・ロール)」というベトナム春巻きのチェーン店です。(清潔な店内、写真や英語表記のあるメニューなど、初めての地ではこういったチェーンレストランがとても便利でした)

>> ベトナム初心者に易しいお店だった、フォー24(ベトナム旅行記 2)


ベトナム春巻き = 生春巻きとイメージしてしまいがちですが(私はそうでした)、日本のように南北に長いベトナムには北部、中部、南部と異なる春巻きがあり、その調理法も生、蒸し、揚げなど様々で多種多様な春巻きが存在します。

Wrap and Rollでは、そんな生春巻きを40種類以上揃えているそうです。


私の1番のお気に入りは、色んな春巻きが少しずつ盛り合わせになっているお皿。更にこのお皿にも3〜4種類あり、盛り合わせになっている春巻きの種類がそれぞれ違います。行くたびに違うお皿を注文したので、色々な春巻きを試すことができました。(上から時計周りに、蒸し春巻き、生春巻き、カニの揚げ春巻きです)


皮がもちっと&つるっとしていておいしかった蒸し春巻きは、単品で追加オーダー。


彼の1番のお気に入りが、この鶏肉のお料理で、毎回注文していました。写真左上にある葉っぱにくるまれているものが鶏肉で、しっかりとした味付けのお肉を葉っぱの中から取り出し、手前のタレにつけていただきます。鶏肉の隣にある緑色のものは餅米を蒸したもので、手前のふりかけのような甘しょっぱい粉をつけて食べるとおいしかったです。


豚肉のサテ。


サテは、たくさんの生野菜や香草と一緒に


生春巻きの皮で巻いていただきます。

生春巻きの皮というと、日本では水やお湯で戻して使うものが一般的ですが、この皮はこのままいただきます。これはハノイ(ベトナム北部)のライスペーパーで、とっても薄いので水で戻さずにこのまま食べられるそうです。口に入れる時はパリパリしていますが、口の中に入るとすぐに水で戻した生春巻きのようにしっとりしてくるので、おいしく食べられました。


毎回このカウンター席に座り(この席は人気がないのかいつも空いていました)、外を眺めながらお食事していました。


夕方の決まった時間にやってきて、同じ場所に座って商売を始めるおばあさん。乾物系のスナックなども販売していましたが、おばあさんが注文を受けてからその場で作る食べ物が人気のようでした。


ほんとうに、次から次へお客さんが来ていました。おばあさんの向かいに座り、できたてのものを食べながらおばあさんと話し込む若い人もいたりして、ほほえましい光景でした。

「あんなに人気なのだから、きっと美味しいんだろうな」とは思ったものの、それにトライするにはまだベトナム体験が足りず、、、ベトナム初心者はチェーン店の中から眺めているだけで終わってしまいました。

Wrap and Rollでは、この他にもバインセオ(ベトナム風お好み焼き)や麺類などもいただきましたが、やはり春巻き系がオススメです。春巻きごとに種類の異なる自家製のタレもおいしかったです。





こうまhttp://koumahandicraft.com
外国人夫とふたり、イギリスと日本で2拠点生活を送るアラフォー女性です。 編みもの(棒針・かぎ針)などの「手芸記事」や、イギリスでの生活やお料理など、実体験を元にした情報をまとめています。>> 詳しすぎる自己紹介

この記事を読んだ人はこんな記事もチェックしています

新旧混在の魅力に溢れたベトナム(ベトナム旅行記12)

2か月前(2019年12月)に行ったベトナムの旅行記を書いてきましたが、 そろそろ(書き)飽きてきたので、まだまだ書いていないことはたくさんありますが、今...

絵本の中に出てきそうな、山の小さな一軒家カフェ「ベルン」(新潟県妙高市)

山の中のウィークエンド・カフェ「ベルン」 妙高の山の中にひっそり、本当にひっそりと建つ一軒家カフェ「ベルン」。お料理はもちろん、カフェのご夫妻が作り出す雰...

イギリスで購入した、レースのハンカチとリネンのキッチンクロス

先日、良く通る道を歩いていたら、いつもは素通りするお店に目が止まりました。 ショーウィンドーに飾られていた、古そうな刺しゅう作品。 ...

イギリス農家レストラン:16世紀の建物を利用したレストランで、鹿肉パスタ

ある晴れた日、郊外にあるレストランへランチをしに出かけてきました。レストランとして使われている建物は、1500年代に建てられた農家のお家。 レスト...
- Advertisement -

2 コメント

  1. 春巻き好きです。
    生春巻きも所謂日本で一般的な揚げ春巻きも。
    でもそれ以上に本場はもっと種類が色々あるんですね。
    野菜も沢山出てきて安心して食べれそうです。前も言いましたけれど。
    そりゃあ、職場で行ったお嬢さんが絶賛するはずですね。
    皮も色々なタイプがあるみたいだし。
    春巻きの皮の種類が40種類以上って凄くないですか?
    毎日暫く通い詰めても飽きそうにないですね。

    本は西村 知子さんの
    編み物「英文パターン」ハンドブックです。
    いずれは編み物を始めたきっかけに
    いずれは海外パターンを編んでみたいって言う目標がありました。
    初心者の私にはかなりハードルが高いので
    簡単なものからですけれど。
    ただ本を見るだけで何だかちょっとクラクラしてしまいました。

    • おっしゃる通り、短期間に何度か通っても飽きませんでした。今度ホーチミン市に行っても、また行きたいお店のひとつでした。

      西村さんの本、私も英文パターンを始めた頃に同じ本を購入しました。今でも必要な時に開きますし、とても良い本ですよね。海外パターンで編めるようになると、格段に選択の幅が広がりますよね。楽しみですね!

返事を書く

コメントを記入してください!
お名前を入力してください。

CAPTCHA